TOP>Nakanowatari Mineko
中野渡みね子
Nakanowatari Mineko
 

作家紹介

北海道生まれ 東京在住
1975年 武蔵野美術短期大学卒業
1979年 武蔵野美術学園修了
自由美術協会会員

<主な個展>
1980年 ルナミ画廊(東京)
1982年 シロタ画廊(銀座)
1982年 ギャラリーユリイカ(札幌)'83 '86
1987年 アユミギャラリー(神楽坂)
2005年 ギャラリー無可有(銀座)「連続と集積〜ペン画の軌跡」
2008年 ギャラリー近江(銀座)
2011年 中和ギャラリー(銀座)「生成」
2012年 ギャラリー檜(京橋)「形成」
2013年 中和ギャラリー(銀座)「形成」
2014年 ギャラリー檜E(京橋)
2015年 中和ギャラリー(銀座)「兆」
2017年 中和ギャラリー(銀座)「然」
2019年 中和ギャラリー(銀座)「間」

<グループ展>
2003年〜2010年 炎展
2003年〜2021年 美の棲む処展(中野中氏企画)
その他グループ展多数

概要
中野渡みね子展 −自然−
2021年11月15日(月)〜11月20日(土)

独自の抽象表現を追求する中野渡みね子、
2年ぶり当ギャラリーでは6回目の個展です。

これまで力強く流動的な油彩画の数々を
展覧会の主軸としてきました。

本展ではコロナ時代だからこそ生まれた
細密ペン画をたっぷりご覧いただきます。

限られた制作環境で描かれた無数の粒たちから
作家の葛藤や息づかいが伝わって来ます。

十数年振りにお披露目される200号大作と
そのエスキース的な表現の対比をお楽しみください。

展示作品「現」 ペン画

展示作品「つらなる」 ペン画

展示作品「開」 ペン画

会場風景(ペン画と200号大作)