TOP>Nobuko Ueda
上田暢子
Nobuko Ueda
 

作家紹介

兵庫県神戸市 在住
2010年 兵庫県 県展(第48回県展) 部門大賞(知事賞)

杉本裕子氏に師事
関西を中心に活躍中

<個展>
2009年 ギャラリーびーた(京橋)
2011年 GALLERY北野坂(神戸)
2011年 「のぶこのぐるりん」中和ギャラリー(銀座)
2013年 「かくかくしかく」中和ギャラリー(銀座)
2015年 「やさしさごっこ」中和ギャラリー(銀座)
2017年 「ただいまing」中和ギャラリー(銀座)
2019年 「上田暢子展」中和ギャラリー(銀座)

<グループ展>
2015年 「杉本裕子と仲間たち展」中和ギャラリー(銀座)

概要
上田暢子展
2021年5月31日(月)〜 2021年6月5日(土)

新型コロナの影響を大きく受けた関西で
コツコツ制作してきた作品たちの発表です。

本展のテーマは「きもちのカケラ」。

引きこもり生活を余儀なくされたこの1年あまり、
人々の暮らしや心情の変化が反映されました。

一方変わらないものごともたくさんあります。
身近な「美」や日常のちょっとした「楽しみ」・・・

想いの数々を目にみえる形でいっぱい表現した
優しく貴方に寄り添う展覧会です。

展示作品 「おだやな時、時」 53×65.2cm(F15)

展示作品 「かたくなな散歩」

展示作品 「さかなになった日」

会場風景