TOP>Exhibition
川上正利
Masatoshi Kawakami
 

作家紹介

1959年 東京都生まれ
千葉県在住

<個展>
2010年 ギャラリーソレイユ(京橋) 11年、12年 
2013年 ポルトリブレ(新宿) 14年 
2015年 中和ギャラリー(銀座)
2016年 中和ギャラリー(銀座)
2016年 K's Gallery-an(銀座) 17年、18年
2017年 中和ギャラリー(銀座)
2019年 中和ギャラリー(銀座)
2020年 中和ギャラリー(銀座)
2021年 中和ギャラリー(銀座)

<グループ展>
2013年 男だけのアート in 銀座 −MG5−
2014年 男だけのアート in 銀座 −MG5−
2014年 臥牛展 (有楽町/交通会館)
2017年 夏のシンフォニー2017(中和ギャラリー)
2018年 夏のシンフォニー2018(中和ギャラリー)
2019年 夏のシンフォニー2019(中和ギャラリー)
2020年 夏のシンフォニー2020(中和ギャラリー)
臥牛会春季展 (ギャラリーソレイユ)
他、グループ展多数あり

概要
川上正利展
2022年7月12日(火)〜7月17日(日)

日本橋へ会場を移しての川上正利展、
中和ギャラリーで7回目の開催となります。

音とリズムで構成された表現、
軽妙な筆致が画面いっぱいに躍る即興表現、
そして形と色で物語を感じさせる表現。

内面から湧き出る感情をストレートに、
またある時はコントロールしながら・・・

探求を続けて来た独自の個性が花開いた、
魅力的な油彩抽象画26点の発表です。

案内状作品 「巣」 キャンバス、油彩 27.3×27.3cm(S3)

展示作品 「Private Garden」 キャンバス、油彩 22×33.3cm(P4)

展示作品 「感情の轍2」 キャンバス、油彩 38×45.5cm(F8)

会場風景