TOP>Susumu AOKI
青木進
Susumu AOKI
 

作家紹介

1950年 東京生まれ
1972年 立教大学社会学部卒業
1973年〜 商業デザイナー、イラストレーターとして活動
現在はフリーランスアーティスト、アートディレクターとして活躍中

<個展>
1992年 銀座画廊
1993年 銀座画廊
1994年 ギャラリーミハラヤ
1994年 安田海上火災ギャラリー
1997年 かねこ・あーとギャラリー
2000年 アートスペース羅針盤 (01,04,06,08,11,13)
2007年 ギャラリーゴトウ(09,11,13)
2008年 ギャラリー現
2010年 脇田美術館(軽井沢)
2015年 ギャラリーサロン・ド・G

<公募展その他>
1993年 「ドローイングビエンナーレ」(脇田美術館)
2001年 エキスポファソンジャポン展 (仏リヨン市主催) 
2002年 船橋現代美術国際交流展 
2004年 「ファッション・ドローイングビエンナーレ」(脇田美術館)
2012年 縄文国際コンテポラリーアート展 in ふなばし
2015年 第13回NAU21世紀美術連立展
2016年 第14回NAU21世紀美術連立展

<企画プロデュース>
2012年 生命−いきものたち(アートスペース羅針盤)
2012年 生命−人・顔(ギャラリーゴトウ)
2013年 アート・エナジー(代々木ギャラリー)
2013年 アート・フラッグス(代々木ギャラリー)
2013年 アート・コンストラクション(代々木ギャラリー)
2014年 アート・フェイセス1(代々木ギャラリー)
2014年 アート・フェイセス2(代々木ギャラリー)
2015年 24人の微笑む作家ともう一人(アートスペース羅針盤)

その他、グループ展・公募展出品多数あり

概要
青木進 展
2016年10月3日(月)〜 2016年10月8日(土)

中和ギャラリー初登場です。

様々な材料をふんだんに使いながら
ストレートに感情表現するのが持ち味です。

今回は観客参加型、
めくって楽しむアートも展示しました。

日本のバスキア青木進の、
純粋で自由自在なアートを体験して
明るい未来へ前進してみませんか。

展示作品 「WORKS a」

案内状作品 「WORKS B1」(めくる前の状態です)

展示作品 「WORKS E5」

会場風景