TOP>Exhibition
小形香代子展 秋は 香りの中、
Kayoko Ogata Exhibition
 

2019年11月11日(月)〜11月16日(土)

12:00〜19:00(最終日17:00 まで)

 

作家紹介

<個展>
2001年 もうひとつの風景 (シロタ画廊/銀座)
2005年 線の上 いしころころころ (すどう美術館/銀座)
2010年 OIL PAINTINGS PAPER WORKS (ギャラリー・タイム/京橋)
2012年 線の上 つゆのちから (ギャラリーテムズ/武蔵小金井)
2012年 線の上breath (ギャラリー・タイム/京橋)
2013年 Michi To Ayatori (ギャラリーf分の1/御茶ノ水)
2014年 とおくをみる そして ちかくをみる (ギャラリー・タイム/京橋)
2016年 道草たゆたふ (ギャラリーf分の1/御茶ノ水)
2017年 時のふくらみ (山内龍雄芸術館/藤沢)
2019年 あるいはその道 (小杉画廊/武蔵小杉)

<グループ展>
2001年 アジアの夜明け (中和ギャラリー/銀座)
2005年 3人の企画展 GALASS (版画工房プリントハウスOM/新横浜)
2005年 3人の企画版画展 (ギャラリーDIVA/たまプラザ)
2012年 シンフォニー・オブ・アーチスツ-冬- (中和ギャラリー/銀座)
2012年 KOKORO展 (すどう美術館/銀座)
2012年 WAX WORK SHOW (ギャラリートモス/日本橋)
2014年 真冬のシンフォニー (中和ギャラリー/銀座)
2015年 現代ワックスアート (船橋スクエア/船橋)
2015年 真冬のシンフォニー (中和ギャラリー/銀座)
2016年 夏のシンフォニー (中和ギャラリー/銀座)
2019年 夏のシンフォニー (中和ギャラリー/銀座)

<作家コメント>
具体的な何かが描きたいのではなく、
描いているうちに自然とそのもが近づいてきて
初めからそのようになるかのごとく
画面に置かれていきました。

概要

平面のはずなのに
奥行き果てしなく遠くがみえる

抽象的な表現なのに
数々の光景が展開していく

淡い色彩なのに
鮮明な記憶がまぶたに浮かぶ

小形香代子の創作世界

柔らかくて優しさ香る版画たち
その仲間たちと秋のひとときを…

案内状作品 「秋は 香りの中、06」 リトグラフ 28×50cm

展示作品 「きいろとみずいろの水玉」 リトグラフ 51×65cm

展示作品 「秋は 香りの中、05」 リトグラフ 28×50cm

会場風景