TOP>Exhibition
寺井浩一展
KOICHI TERAI SOLO EXHIBITION
 
2017年12月18日(月)〜12月23日(土)
12:00〜19:00(最終日17:00 まで)
 

作家紹介

1952年 北海道函館市近郊生まれ
1976年 東京藝術大学絵画科油画専攻卒業
1980年 西欧9カ国歴訪

<個展>
1977年 スルガ台画廊(東京・神田)
1979年 Gアートギャラリー(銀座)
1986年 玉屋画廊(銀座)87年、89年
1991年 リベストギャラリー創(東京・吉祥寺)
1992年 新潟伊勢丹
1992年 名古屋三越
1996年 ギャラリー惣(銀座)97年、99年
1997年 紀伊國屋画廊(新宿)
2000年 ギャラリー八重洲(東京・八重洲)
2001年 ぎゃらりいサムホール(銀座)02年
2002年 板室観光ホテル大黒屋(栃木・那須)
2004年 ギャラリー渓(新宿)
2005年 オリジナル画廊(札幌)
2006年 K's Gallery(銀座)09年、13年
2007年 ギャラリーf分の1(東京・御茶ノ水)
2008年 日仏会館(東京・恵比寿)
2011年 みゆき画廊(銀座)
2014年 Caelum Gallery(ニューヨーク・チェルシー)
2014年 レストランツムアインホルン(東京・六本木)
2015年 中和ギャラリー(銀座)& つぎのカーブ(新宿)
2016年 中和ギャラリー(銀座)& ギャルリ・サロンド・エス(銀座)
2017年 ギャラリーストークス(南青山)
その他発表多数41回に及ぶ

<グループ展・公募展等>
1987年 東京芸術大学創立100周年記念展(日本橋三越)
1995年 上野の森美術館大賞展
1998年 青木繁記念大賞展
2002年 アジアの開花展(中和ギャラリー)
2002年 Contemporary Artists Exhibition from JAPAN(ダッカ美術大学構内)
2003年 寺井浩一&G.S.カビール二人展(ギャラリー渓/新宿)
2004年 Asian Art Now (ラスベガス美術館)05年
2005年 日本美術の輸出展(Javits Convention Center/New York)06年、07年
2014年 男だけのアート in 銀座(中和ギャラリー)
2015年 NAU21世紀美術連立展(国立新美術館)
2015年 北のイメージ 大気・水・森(北海道立函館美術館)
2015年 男だけのアート in 銀座(中和ギャラリー)
2016年 書家 井上理白とのコラボレーション展(Tenri Cultural Institute Gallery/NY)
2016年 男だけのアート in 銀座(中和ギャラリー)
2017年 寺井浩一&井上理白「書と絵画の融合」展(Japan Creative Arts Gallery)
2017年 男だけのアート in 銀座(中和ギャラリー)
2017年 Salon International d'art Contemporain/ART10ans Shopping (Paris)
2017年 ART CONTEMPORAIN JAPONAIS (Paris)
2017年 伊藤彰規・太田保子・寺井浩一「それぞれの現在」(さいとうギャラリー/札幌)

その他海外アートフェア(上海、ゲント、ニューヨーク、ミラノ、マイアミ)含め出品多数

<パブリックコレクション>
北海道立函館美術館
北網圏北見文化センター

寺井浩一公式ページ
http://www.k-terai.net/

作家コメント

現在の不穏な世相を危惧し、
平和な世界を願う気持ちを表すために
モノクロからフルカラー、陰から陽、柔から剛、
pp(ピアニッシモ)からff(フォルテッシモ)等の様に
表現に幅を持たせることに力を注ぎました。
ぜひ多くの方々にお越し頂き、
それらを感じ取っていただければと思います。

概要

明るく暖かな色彩に心躍らせ
会場に足を踏み込みと空気が一変

そこにあるモノクロームの大作が
不穏な表情で私たちを凝視しています

様々な技法を駆使した作品たちが
言葉ではなく美の力のみで

平和と紛争は表裏一体
人類は自ら選択できるのだと示しています

案内状作品 「清流の景」 紙にアクリル、アルキド樹脂 113.5×298cm

展示作品 「光のエチュード」 紙にアクリル、アルキド樹脂 35.8×50.7cm

展示作品

会場風景