TOP>SONOKO HOSOI
細井その子
SONOKO HOSOI
 

作家紹介

女子美術大学絵画科洋画専攻卒業
現在 女子美術大学美術教育科 非常勤講師

<個展等>
1994年 3人展 八王子美術画廊
1997年 4人展 世田谷美術館区民ギャラリー
2013年 4人展 アートポイント(銀座)
2014年 個展 ギャラリー・アート・ポイント(銀座)
2016年 個展 ギャラリー・アート・ポイント(銀座)
2018年 個展 中和ギャラリー(銀座)
2018年 3人展 ギャラリーSTAGE-1(銀座)

<公募展等>
1997年 第13回 富嶽ビエンナーレ展(静岡県立美術館)
(第14、15、16、17回 賞候補入選)
1998年 現代日本美術展(東京都美術館・京都市美術館)
1999年 現代日本美術展(東京都美術館・京都市美術館)
2016年 時のかたち展(横浜赤レンガ倉庫)
2017年 時のかたち展(横浜市民ギャラリー)

その他、個展・グループ展等発表多数
湘南方面を中心に活躍中

細井その子インスタグラム
https://www.instagram.com/sonoko.hosoi/

<作家コメント>
日本文化特有の”線”を使って
自分の見たり感じたりした風景、
それらの空気感や印象を表現しています。

概要
細井その子展
2019年2月25日(月)〜 2019年3月2日(土)

都会にオアシスを現出した
昨年の印象深い個展から1年。

現代美術家・細井その子が
日本の四季の美を表現しました。

「暮れゆく」と題されたタペストリーによる
インスタレーションの森。

場内を回遊すれば気分も落ち着き
まるで自然の中にいるようです。

展示作品 「涼夏」 帆布、アクリル、木炭ほか (F20)

展示作品 「通リ過ギルトコロ」 帆布、アクリル、木炭ほか (3枚組)

展示作品 「てる、てる、夜。」 パネル、石膏、アクリル、箔ほか (F3)

会場風景