TOP>Sadao ISHIDA
石田貞雄
Sadao ISHIDA
 

作家紹介

1943年 東京都八王子市生まれ
1965年 自由美術展初出品(自由美術賞受賞)
1966年 法政大学卒業
1967年 自由美術協会会員
1989年 靉光賞

<主な展覧会(自由美術展以外)>
1971年 「現代の幻想絵画展」(朝日新聞社主催)招待出品
1973年 紀伊國屋画廊(新宿)「シリーズ・想像力の世界」初個展
1974年 「現代日本美術選抜展」(栃木県立美術館)
1974年 「新鋭選抜展」(日本橋三越)
1978年 第21回安井賞展出品(以後3回)
2012年 公募団体ベストセレクション展(東京都美術館)
2016年 現代抽象作家展(ギャラリー絵夢)
2016年 石田貞雄・竹内幸子二人展(ポルトリブレ)

紀伊國屋画廊 個展・グループ展(8回)
2010年 中和ギャラリー(銀座)
2011年 中和ギャラリー(銀座)
2012年 中和ギャラリー(銀座)
2012年 セッションハウスギャラリー(神楽坂)
2012年 たましんギャラリー「自選展」(立川)
2013年 中和ギャラリー(銀座)
2014年 中和ギャラリー(銀座)
2015年 中和ギャラリー(銀座)
2016年 中和ギャラリー(銀座)
その他、個展・グループ展多数

自由美術協会会員

概要
石田貞雄展
2017年1月9日(月)〜 2017年1月14日(土)

深化を続ける「埋む風景」シリーズ。

今回はさらに明るい色彩へと移行が進みました。
個展の案内状に使われた作品と
吉野の桜をモチーフにした風景画が象徴的です。

徹底的に画面の余分を削ぎ落とし、
とことん構成を追求した痕跡とともに
豊かな景色の抽象表現をご堪能ください。

案内状作品 「埋む風景 No.12」910×910mm

展示作品 「埋む風景 No.11」

展示作品 「埋む風景 No.20」

会場風景