TOP>AKUTAGAWA Rintaro
芥川麟太郎
AKUTAGAWA Rintaro
 

作家紹介

1941年 横浜市生まれ
1965年 武蔵野美術大学卒業(麻生三郎に学ぶ)
1970年 詩人佐藤一英「よいとまけの唄」(毎日新聞)の挿画を担当
1984年 初個展(春秋画廊)
1986年 洲之内徹と邂逅、薫陶を受ける
1987年 ヨーロッパ各地を取材旅行
2001年 映像作品『損なわれない約束の系図』(端野俊丸監督)に収録
2015年 「画家の詩、詩人の絵」(平塚市美術館、ほか巡回展)
2016年 「私のくらしを彩る絵」(平塚市美術館)

(個展)横浜リーブ画廊、アートギャラリー環、鎌倉ドローイングギャラリーほか多数

概要
−黙示展−芥川麟太郎 藤山ハン 堀正明

2018年10月1日(月)〜10月13日(土)

幻視者と名付けられた三名による
日常の裏側に視点を向けた三画三様図。

現世の合理的創作を好まず
己の表現に立ち向かってきた画家たち。

闇の中に煌めく光明を見出せるか
陰の向こうの陽世界に到達できるか。

五感を超えた感覚をも呼び起こして
この一瞬の痕跡を鑑賞者の皆様と
心に刻みたいと思います。

 展示作品 芥川麟太郎「草ノ海」

芥川麟太郎 展示風景

案内状イメージ画像

▲画像をクリック ―黙示展―の案内状画像データが表示されます

会場風景

会場風景