TOP>KARIYA Rei
苅谷 礼
KARIYA Rei
 

作家紹介

2004年 多摩美術大学造形学部絵画学科日本画専攻卒業
2006年からドイツ・ベルリンに制作拠点を置く
2015年から日本での制作を高知県にて始める


<個展>
2007年  "The Waters" Sara Asperger Gallery(ベルリン)
2007年  "Line" ファウストギャラリー(高知)
2008年  "hover" Asperger Gallery(ドイツ)
2008年  "Foam" ファウストギャラリー(高知)
2009年  "Canopus" Sara Asperger Gallery(ベルリン)
2011年  "Phenomenon" Sara Asperger Gallery(ベルリン)
2012年  "NeueArbeiten" Asperger Kunstraum(ドイツ)
2013年  "ReiKariya" Art on Gallery(ベルリン)
2016年  "New ocean" Kunstraum(ドイツ)
2017年  "Like a mountain, like the sea" ギャルリー東京ユマニテbis(東京)

<グループ展等>
2007年  "であい" ソウル大学絵画ギャラリー(ソウル)
2008年  "たゆたう" Gallery 空(東京)
2008年  "art KA" Sara Asperger Gallery(ドイツ)〜2012
2013年  "Bold Expressions" Sacremento fine arts center(USA)
2013年  "金谷美術館大賞展" 金谷美術館(千葉)
2014年  "International painting III" Jeffrey Leder Gallery(N.Y.)
2015年  "宮本三郎デッサン大賞展"(小松市)世田谷美術館Annex巡回
2016年  "未来を創る作家達" ギャラリーあずま(銀座)

概要
苅谷 礼 展
"heavier than a light, lighter than water"
2018年1月29日(月)〜 2月3日(土)

岩絵の具に感じる魅力
それは水の星地球において
悠久の時を経て存在してきた物質と
ヒトの身体にも宿る物質とが
お互いに響鳴するからか

苅谷礼の描く記憶の光景の魅力
偶然性をもって引き出された必然の
色彩と輝きそして心地よい波長により
観る者の原風景を呼び覚ますからか

国内での活動3年目
中和ギャラリーでは初めての個展
日本画抽象12点の発表です

案内状作品 「光より重く、水より軽く」 岩絵の具、膠、綿布(70×105cm)

展示作品 岩絵の具、膠、綿布(72.5×62.5cm)

展示作品 岩絵の具、膠、綿布(70×100cm)

会場風景