TOP>KITAMURA MIWACO
北村美和子
KITAMURA MIWACO
 

作家紹介

高知県在住

<個展>
2003年 ギャラリーほりかわ 2004、2005
2007年 ギャラリー島田deux(神戸) 2009
2016年 ギャラリーほのまる(高知)
2017年 6丁目の花野アートスペース(神戸)
2018年 星ヶ岡アートヴィレッジ(高知)

<グループ展>
2007年 ギャラリー島田 「ミニアチュール神戸展」〜毎年参加
2008年 ギャラリーfbomh 「オクリタイモノ展」(三田市)
2011年 西宮阪急 「デパートに里山アートがヤッテキタ展」
2013年 アートスペースかおる 「空展」(神戸市)
2015年 アトリエ苺小屋 「塔展」(神戸市)

<公募展等>

2000年 北陸中日美術展
2001年 西脇市展 奨励賞
2001年 伊丹市展 奨励賞
2002年 西脇市サムホール展
2002年 伊丹市展 市長賞
2002年 兵庫県展 佳作賞
2003年 西宮市展 優秀賞
2003年 熊谷守一大賞展
2004年 伊豆美術祭
2004年 川の絵画大賞展
2005年 天竜川絵画展 優秀賞(秋野不矩美術館 作品収蔵)
2005年 美浜美術展 福井県知事賞
2009年 西宮船坂ビエンナーレ(西宮市)
2014年 西宮船坂ビエンナーレ(西宮市)
2017年 FUKUI サムホール美術展(福井カルチャーセンター)

<その他>
新神戸オリエンタルホテル 作品レンタル

インスタグラム
https://www.instagram.com/miwaco.kitamura/


フェイスブック
https://www.facebook.com/miwaqui.at


<作家コメント>
神戸、高知で作品を発表してきました。
関東では初めての個展となります。
ここ15年程は植物、特に雑木林や雑草がモチーフです。
3年前に高知に帰郷しダイナミックな自然に触れ、
水や川底が新たに加わりました。
また、経年変化した木の素材に触発され、
composition制作も始めました。

概要
北村美和子展
2019年3月4日(月)〜 3月9日(土)

高知県在住の北村美和子による
東京初個展です。

土佐の自然をモチーフにした絵画、
木材・廃材を組み合わせたオブジェの
2部構成での発表です。

取り巻く環境に魂の波長が呼応し
衝動的に作られたものだということが
作品から強く伝わってきます。

小品を含め40点、
北村美和子の現在をすべて出し切ります。

案内状作品 「composition」

展示作品 「土を踏めば」 キャンバス、油彩

展示作品 「composition」

会場風景