TOP>Masatoshi KAWAKAMI
川上正利
Masatoshi KAWAKAMI
 

作家紹介

1959年 東京都生まれ
千葉県在住

<個展>
2010年 ギャラリーソレイユ(京橋) 11年、12年 
2013年 ポルトリブレ(新宿) 14年 
2015年 中和ギャラリー
2016年 中和ギャラリー
2016年 K's Gallery-an(銀座) 17年、18年
2017年 中和ギャラリー

<グループ展>
2013年 男だけのアート in 銀座 −MG5−
2014年 男だけのアート in 銀座 −MG5−
2014年 臥牛展 (有楽町/交通会館)
2017年 夏のシンフォニー2017(中和ギャラリー)
2018年 夏のシンフォニー2018(中和ギャラリー)
臥牛会春季展 (ギャラリーソレイユ)他、
グループ展多数あり

概要
川上正利展
2019年1月28日(月)〜 2019年2月2日(土)

独学で平面絵画を追求する
中堅 川上正利の登場です

絵が語り 絵が奏で 絵が唄う

おびただしい筆致の画面からは
溢れんばかりの『音』が聞こえてきます

鑑賞者にはそれが音楽なのか
自然の響きなのかそれとも街の雑踏か・・・

無限の想像が膨らむ24点の
抽象表現をご体感ください

案内状作品 「淵 1903」

展示作品 「空にBLUESを響かせて」

展示作品 「漂流するMIND」

会場風景