TOP>HORI Masaaki
堀正明
HORI Masaaki
 

作家紹介

1946年 山形県大江町生まれ
1970年 東京教育大学教育学部 芸術学科絵画専攻科 卒業
1972年 初個展(ときわ画廊)
1979年 詩画集「灰色の光」(七月堂/詩人・上野芳久氏共著)
1984年 グループ展「接点」(埼玉県立近代美術館)〜2018年以降継続開催 
2007年 「生まれるイメージ」(山形美術館)
2014年 ロビー展示「ただあるために」(川越スカラ座)〜2018年

(個展)シロタ画廊、スペースN、マキイマサルファインアーツほか多数

概要
−黙示展−芥川麟太郎 藤山ハン 堀正明

2018年10月1日(月)〜10月13日(土)

幻視者と名付けられた三名による
日常の裏側に視点を向けた三画三様図。

現世の合理的創作を好まず
己の表現に立ち向かってきた画家たち。

闇の中に煌めく光明を見出せるか
陰の向こうの陽世界に到達できるか。

五感を超えた感覚をも呼び起こして
この一瞬の痕跡を鑑賞者の皆様と
心に刻みたいと思います。

展示作品 堀正明「至近を渉る」

堀正明 展示風景

案内状イメージ画像

▲画像をクリック ―黙示展―の案内状画像データが表示されます

会場風景

会場風景