TOP>ICHIMORI KEIKO
一森京子
ICHIMORI KEIKO
 

作家紹介

山口県生まれ 千葉県在住
1978年 武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒(卒業制作優秀賞)

<個展>
2005年 すどう美術館(銀座、小田原) 06、07、11年
2005年 ギャラリー銀座一丁目 06、07、08、12、15、17年
2008年 K'sギャラリー(銀座)
2014年 ギャラリィ無有斎(門前仲町)
2016年 1010美術(横浜)

<グループ展等>
2006年 アジアの時代展(中和ギャラリー)
2012年 Fractal(中和ギャラリー
2012年 シンフォニー・オブ・アーチスツ(中和ギャラリー)
2014年 24人の微笑む作家ともうひとり展(アートスペース羅針盤)
2015年 岡本順子2人展(中和ギャラリー)
2017年 瀬戸屋敷「あしがり美術館」(神奈川)
2018年 松田英 2人展(ギャラリー木蓮/入間)

その他、
すぎもと画廊(兜町)、ポルトリブレ(新宿)、K'sギャラリー(京橋)
ほか発表多数

概要
一森京子展
2018年12月17日(月)〜 12月22日(土)

画家・一森京子(いちもりけいこ)
中和ギャラリーでは初めての個展です

時には優しく、時には激しく
一瞬きらめいたり、澱んだり

『水』には様々な表情があって
例えば川の流れはずっと見ていられる

そんな感覚を思い起こさせる
不思議な魅力を湛えた抽象表現

皆様が穏やかな気持ちで年を越せそうな
珠玉の新作22点の発表です

案内状作品 パネル、珪藻土、アクリルガッシュ 60.6×50.0cm

展示作品 パネル、珪藻土、アクリルガッシュ 45.5×45.5cm

展示作品 パネル、珪藻土、アクリルガッシュ 80.3×65.2cm

会場風景