TOP>Kazuko TAJIMA
田島和子
Kazuko TAJIMA
 

作家紹介

栃木県生まれ
1973年 東京女子美術大学 洋画科 卒業 
1973年〜75年 イタリア、フランス、ドイツの美術館でルネッサンス美術、古典技法を学ぶ
1975年〜76年 インド、ネパール、バングラデシュ、エジプト、ロンドンを旅行
1981年〜1995年 美術研究所主宰
原爆の図丸木美術館 評議員

http://kazuko-tajima.at.webry.info/

<個展>
1985年 文芸春秋画廊(東京)
1988年 日辰ギャラリー(東京)〜2001年まで隔年開催
1992年 韓国出版会館(ソウル)アジア文化交流センター招待
1998年 パキスタン国立美術館(イスラマバード)
1999年 コーペラアートギャラリー(ラホール)
2000年 ロータスギャラリー(イスラマバード)
2000年 ノマドアートギャラリー(イスラマバード)
2003年 第6回アフリカ文学祭(南アフリカ,ダーバン)招待個展
2005年 「イノチノユクエ」(目黒美術館区民ギャラリー) 
2012年 「−LANDSCAPES 生成の風景−」(中和ギャラリー)
2014年 「イノチノユクエ・・・」(中和ギャラリー)
 
<グループ展>
1987年〜96年 JAALA展
1998年〜 C.A.F.(埼玉県立美術館)
2005年 「日韓五世代の対話」展(丸木美術館) 
2006年 パリのコンパレゾン(パリ,グラン・パレ)
2013年 CAF.N in せんだい(せんだいメディアテーク)

<その他>

2003年 詩画展(詩:木島始)ギャラリーベルビュー(独,ベルリン)
2004年

ワークショップ創作のための紙漉き

ビーコン美術大学(ラホール)、
ベツレヘム・インターナショナルセンター(パレスチナ)

2008年 作品展示(アメリカ北アリゾナ大学)

概要
田島和子展
fragments・・・生のかけら
2016年3月7日(月)〜 3月12日(土)

生命を脅かすもの。
人や生き物の営みを破壊するもの。
大切な想い出を奪うもの。

何ものかに対する憤りと悲しみ。
失われていったものたちへの追悼。

痕跡のかけらを定着させた
淡く静かで美しい表現の中から
様々な響きが伝わってくる展覧会です。

会期中に3月11日を迎えます。

案内状作品 「fragment」

展示作品

展示作品

会場風景