TOP>Hiroshi OHKUBO
大久保漠
Hiroshi OHKUBO
 

作家紹介

1936年 中国東北部生まれ
2004年 武蔵野美術大学 造形学部 通信教育課程 油絵学科卒業

<公募展等>
1975年〜2012年 光陽展出品(05,09年 会員奨励賞)
2001年 日仏代表作家展(フランス・ランブイエ)
2008年 日本現代美術家展(Zainul Gallery/バングラデシュ)
2016年 NAU21世紀美術連立展(国立新美術館)
2013年〜2016年 自由美術展出品
その他多数の発表・受賞あり

<個展>
1981年 グリーン(東京/神田)
2004年 森田画廊(銀座)
2008年 中和ギャラリー(銀座)
2010年 中和ギャラリー(銀座)
2012年 中和ギャラリー(銀座)
2014年 中和ギャラリー(銀座)
2015年 ギャラリートモズ(東京/清瀬)

現在 日本美術家連盟会員、茅ヶ崎美術家協会会員

大久保漠 公式ページ
http://muse-baku.art.coocan.jp/

<作家コメント>
「共振」 resonance

壁のシミや亀裂、朽ち果てたものたちが見せる相貌。
誰もがそこに心を動かされるのは何故だろう。
見る者との間に不思議な共振現象がおきている。
その不思議の秘密を知りたい。

出来るだけ人為的な筆跡を残さず、あたかも
自然に発生して定着したような画面が現れるとよいと思う。
そして、誰かに共振してもらえると嬉しいのだが・・・

概要
大久保漠展
2016年12月5日(月)〜 2016年12月10日(土)

大久保漠(ひろし)
当ギャラリー5回目の個展。

作家が「共振」と呼ぶ不思議な現象。
言い換えれば波長と波長の響き合いであろうか。

画家が作品に塗りこめた画材が発する波長。
果たして鑑賞者の心に届くのはそれだけなのだろうか。

目の前に現出した物体とのコンタクトを超越して
根本となる何かが働きかけているような気がする。

かけた時間、想念、そして創作へと駆り立てた衝動の大元が。

案内状作品 「共振 ε10」 F6号 ミクストメディア

展示作品 F20号 ミクストメディア

展示作品 F6号 ミクストメディア

会場風景