TOP>Archive
野崎義成展
Yoshinari Nozaki Exhibition
 

2020年3月2日(月)〜3月7日(土)

12:00〜19:00(最終日17:00 まで)

 

作家紹介

1970年 埼玉県大宮市生まれ
路上・公園を経て画廊での発表を重ねる

<個展等>
2003年 大塚公園画廊(東京)
2005年 ギャラリーいず(銀座)
2007年 ぎゃらりぃいぶき(銀座)
2009年 ぎゃらりぃいぶき(銀座)
2011年 中和ギャラリー(銀座)
2013年 中和ギャラリー(銀座)
2015年 中和ギャラリー(銀座)
2017年 中和ギャラリー(銀座)
2017年 三人展 ギャラリーKANI(中野)
2018年 三人展 Gallery Bar Kajima(銀座)田鎖幹夫・北崎洋子

<グループ展>
シンフォニー・オブ・アーチスツ −2010冬−
シンフォニー・オブ・アーチスツ −2011夏−
シンフォニー・オブ・アーチスツ −2011冬−
シンフォニー・オブ・アーチスツ −2012夏−
シンフォニー・オブ・アーチスツ −2012冬−
シンフォニー・オブ・アーチスツ −2013夏−
真冬のシンフォニー −2014−
真冬のシンフォニー −2015−
真冬のシンフォニー −2016−
夏のシンフォニー −2017−
真冬のシンフォニー −2018−
真冬のシンフォニー −2019−
(上記はすべて中和ギャラリー)

2017年 斉藤実コレクション展(Studio M/小金井)
2018年 うちわと風鈴展(ギャラリーアビアント/浅草)

概要

絵画探求の旅路を行く野崎義成
3年ぶり5回目の個展開催です。

常に現状に満足することなく
幾度も従来表現を破棄しながら
抽象と具象の間を往復しました。

けっして終着点ではありませんが、
本展でひとつの結果を提示いたします。

独特の柔らかな味わい、野崎タッチによる
油彩風景画20点をご覧ください。

案内状作品 「公園の片隅」 油彩 S20

展示作品 「墓の見える風景」 油彩 F20

展示作品 「煙突のある風景」 油彩 F4

会場風景